スポーツジムで減量

“体を鍛えるところ”というイメージが強いスポーツジムに、ここのところ通う女性の数が増えています。“筋肉をつけよう”などと、男性ならまだしも、女性で考える人はほとんどいません。彼女たちの多くは、“減量”を目的としているのです。

ダイエットしかし彼女たちの1部に、その目的を達成できてはいない人がいるようです。戦後から70年以上たち、飽食の時代と言われるようになってからも、数十年レベルで時が経過しています。肥満に悩む人が増え、いろいろなダイエット法が紹介されています。理屈からすると、本来スポーツジムで行うダイエットは、あまたあるダイエット法より、効果があるはずのものです。有酸素運動を行うことによって脂肪が燃焼され、筋肉トレーニングを行うことで、基礎代謝量が上がるからです

テレビ・雑誌・街なかの広告でよく見かける、楽して痩せることを目指すダイエット方法では、脂肪燃焼量はあったとしても少ないですし、基礎代謝量が上がることもないのです。ダイエットで重要な要素に、食事管理もあります。これについてはスポーツジムも、一般的なダイエット法も差はありません。どちらも自分で正しい知識を身につけ、自己を律し、管理していかなければならない点で、まったくの同等です。

ではなぜ理論上優位なはずのスポーツジムで、減量できない女性がいるのでしょうか。その理由は、やり方が必ずしも正しくないからです。適切なスポーツジムの利用で、ダイエットは成功します。


○関連記事○
  1. 勘違い1つ目
  2. 順番
  3. 日数と時間