勘違い1つ目

スポーツジムと聞いて、どんなトレーニングをしているところを、イメージされますか。ランニングマシーンの上を走っている場面、エアロバイクを一生懸命こいでいる場面、スイミングの場面などをイメージされる方が、ほとんどではないでしょうか。テレビなどで見かけることが多い、こういったトレーニングをしたがる方が増えるのは、しかたのないことです。これらの有酸素運動を行えば汗もかき、「運動をした。」という満足感も、大きいと思います。またカロリーも、それなりには消費します。

トレーニングただ“それなりに”と書きましたように、無酸素運動である筋肉トレーニングと比べると、それほどでもありません。ケトルベルというトレーニング用のおもりを使ったトレーニングなら、有酸素運動の2倍のカロリー消費量があるとする研究もあります。ウェイト・リフティングや、その他の筋肉トレーニング用の器具を用いた効果的な無酸素運動で、目に見えて体重を減らすことが可能です

女性の多くが、筋肉がつくことを避けたがり、筋肉トレーニングをやりたがらない傾向がありますが、スポーツジムでのダイエットでは、もっとも効果があるメニューとして位置づけられています。スポーツジムで痩せることができない女性の、第1の勘違いはこれです。


○関連記事○
  1. スポーツジムで減量
  2. 順番
  3. 日数と時間